鍼信を支える技術
出張 整体 鍼灸TOP > 鍼信を支える技術

鍼信のスタッフは皆卓越した治療技術を持っています。東洋医学での「見立て」である‘四診’はもちろんのこと、長年の治療経験で培われた診察能力は、的確に患者様の状態を見抜きます。そして、的確な見立てで導き出された最適な治療法で施術にあたるのです。また、その治療法は、東洋医学だけにこだわりません。患者様にとって一番好ましい方法を選ぶことができます。以下に鍼信サービスで用いる治療技術の一部を紹介します。

東洋医学

例えば、腰痛にも様々な原因(筋・筋膜性腰痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症等)がありますが、東洋医学の視点ではさらにその根本原因を探します。どうして椎間板の髄核が飛び出してしまったのか?脊柱管が狭くなる理由は?重力や加齢という単純な原因だけでなく、患者様の‘状態’を見抜いて改善を図り根本治療を目指します。なじみのない単語かもしれませんが、「気虚」「血虚」「陰虚」などの‘状態’がわかれば、その対処法もはっきりと導き出されます。そして、鍼、指圧、てい鍼(刺さない針)などの刺激により体質を改善します。

カイロプラクティック

アメリカで確率された徒手療法のことですが、中枢神経系を重視して見立てます。脊椎のズレが引き起こす痛みなどの症状を矯正して改善します。

オステオパシー

こちらもアメリカで生まれた技術です。ストレインや筋膜・靭帯リリースなどという方法を駆使して症状の改善を図ります。

単なるリラクゼーションではなく、疲れや痛みなどの不快を根本から取り除くことが鍼信の理念です。

メールでのお問い合わせ